"愉しみ方"を時代が求めている

ゴルフは、もともとはレジャーのひとつなのですが、今日まで"紳士のスポーツ"と言われてきたように、経済的に裕福な人々がネクタイまでしてプレーしていたのが事実であり、一種の権威主義のシンボルのようなものでした。

しかしそれが時代とともに大衆化。スポーツとしても認められてきたのです。

そして、現在では特に『ファッションを愉しむ』こともゴルフの愉しみ方のひとつだと捉えられてきています。メンズ・レディースともにカラフルなものやデザイン性の高いものが増え、ついひと昔前では想像もできなかったようなウエアが、今では当たり前のように世間に出回っています。ファッション誌でもモデルたちがオシャレに着こなして紹介されている時代です。 日本のゴルフには昔から暗黙の了解のようなドレスコードがあるとはいえ、オシャレな格好をしてゴルフを愉しむことを求めている人が近年増加していると考えています。

であれば、まず『いろんなファッションを認める』ということが必要になってくると思うのです。
ですから私達は、『URA』というブランドをつくり、そのなかにあらゆる世代から支持されている"ジーンズ"をあえて投入。「ゴルフ用ジーンズ」として開発・発売しました。

私達が運営している"真庭カンツリークラブ"では、この「ゴルフ用ジーンズ」を着用してのプレーを愉しんでいただくことができます。 そもそもジーンズは、ゴルフスイングの妨げにもなりますし、スポーツには向いていないものですから、私たちもすべてを認可しているわけではありません。お尻が見えそうなほど股上の浅いものや破れて膝が見えているようなものは良しとしません。そのような問題点も含め、真庭カンツリークラブのメンバー様や私達のスタッフたちと何度もディスカッションしたうえで完成したのが、私たちの作った「ゴルフ用ジーンズ」なのです。 ストレッチ素材で動きやすく、ウエスト部分も体のラインに沿うようにアーチ状になっており、プレー時に必要な小物も収納できます。もちろん見た目の品位を損なわないよう留意しました。


ジーンズでゴルフをしている姿って、カッコイイと思いませんか?




議題にすべき点は何か?

じつはこのジーンズを発売し始めて、業界で様々な物議が巻き起こりました。なかでも一番厳しいご意見は、「ゴルフ場でジーンズを履いてゴルフをさせるのは、岡山県人の恥だ!!」と。予想はしていたのですが、相当厳しいお言葉です。しかし私達は、そう言われたことをチャンスだと受け止めております。『いろんな摩擦が起きるからこそ、何かが変わる』のだと。

1950年代の半頃に初めて日本に入ってきたジーンズは、当時の人気歌手などの影響で一般にも広まり、1970代に入ってからは、男性だけではなく女性の愛用者も増えていきました。そのような中、ある大学でジーンズをめぐる事件が起こったのです。それは、女子生徒がジーンズを履いて講義を受けに行ったところ、アメリカ人の非常勤講師の気にさわり、対立をしたというもの。

この講師にはもともと"女性はスカート"という固定概念があったうえ、ジーンズはアメリカのゴールドラッシュ時代に炭坑夫たちが作業着として履いていたものだというイメージが尾を引いていて、許せなかったのでしょう。結局は、「ジーンズは女性のファッションの一部だ」と抗議を起こした女子生徒たちに詰め寄られて混乱になり、この講師は辞任したようです。今の時代からは想像がつかない事件です。

時代は刻々と変わっています。そのなかで人の考えも変化していくもの。今や、毎年各界の有名人・著名人の中から「ベストジーニスト賞」という名誉を設け、ジーンズの似合う人を"表彰"までしている時代です。ジーンズがおしゃれでカッコイイと認められている証拠ではありませんか。

昔からの見た目だけのファッションを守るよりも、『本当に守らないといけないもの』は他にあります。それは一人ひとりの『心の持ち方』です。ルールや時間を守り、他人に迷惑をかけない。自然を大切にする…。ジーンズを履くか履かないかで争うよりも、そういうことをもっと重要視していくべきではないかと。

しかし、我々も含めて反省しないといけないことですが、マナーの悪いお客様でも、来ていただかないことには売り上げにつながりませんから、少々は目をつぶってしまう。このような営業スタイルを変えていくことが、今のゴルフ業界に必要であり、本当の論点はここにあると思います。ですから真庭CCでは『真庭フェスト』という約束事を作って、スタッフにもお客様にも厳しく守っていただいています。

まず、
 ◇メンバーの方を大切にする

 ◇どんなにいい季節でも、混雑の元にならないよう組数を制限する

 ◇マナーの悪いお客様にはきちんと注意する

 ◇ 守れなければ来ないようにしていただく…等、

厳しいようですが、人間として当たり前のことを打ち出しているだけです。ファッションに関しても、きちんとした服装であれば、デニム生地のパンツでもいいではありませんか!!
もちろんそれぞれのゴルフ場によりいろんな考え方があると思うのですが、私達は、このような主義なのです。




信念を持ち、進むのみ

時代が移りゆくなかで、つねに『一番大切なこと』とはいったい何なのでしょうか。

人間同士が偏見を持ったり、醜い争いを繰り返してきた歴史は確かに存在しますし、拭おうとしても拭いきれない事実も多々あり、未だにそのような壁にぶつかることも多いでしょう。しかし私たち人間は、何とか良い時代にしたいと、その都度想いを伝える手段を考え、良かれ悪かれ前に進んできたのです。
それが時代に即して変化していくということであり、そうしてきたからこそ今があるのだと思います。 間違ったものは是正しながら、良いものはどんどん受け入れて認める。でもその本質的な部分は絶対にはずさないことが『一番大切なこと』だと私は考えます。

私達も今、日本のゴルフの新しい時代を切り開きたい!! 

だからまず石をひとつポンと投げてみようと。それがこの「ゴルフ用ジーンズ」なのです。




考えたい、岡山だからできることを

素敵なことに、私たちの故郷・岡山には、国産ジーンズ誕生の地・倉敷市児島地区があり、デニムを用いた産業に従事する方々もたくさんいらっしゃいます。

『URA』のゴルフ用ジーンズも、地元の有名な職人さんが一本一本すべて手作りで仕上げています。

岡山は気候も良く、このような恵まれた地元産業がありますので、皆で積極的に協力し合って取り組んでいけば、何かとても面白いことがもっともっとできると思うのです。文化を守りつつ、でもただ単に保守的になるのではなく、新しい発想も取り入れながら様々な企業が手を結べば、地域活性への道すじになるのではないでしょうか。私たちもいち企業として、「岡山をもっと盛り上げていきたい」とつねに考えています。ですから、良いと思うことはどんどん行動に移して挑戦します。今までもそうしてきましたし、これからもその精神を貫きたいと思っています。このような姿勢は現代の利益追求型の世の中では、企業として良い経営とはいえないかも知れません。

しかし、人として生まれてきた以上、生きていくうえでの愉しさを追求したり、より良い社会への貢献を追求していく。こう思って行動することは、間違いだとは思っておりませんし、それを利用して陰でコソコソ私腹を肥やすようなこともしたくありません。正々堂々と、皆が快適に暮らせるような地域を作りたいと、日々努力をしているだけです。

このような想いもあり、私たちは『恥』ではなく『誇り』を持って、このゴルフ用ジーンズを岡山から全国へ発信していきたいのです。


▲このページのトップへ